金魚とは

金魚とは

金魚(キンギョ、学名: Carassius auratus)は、フナの突然変異である
ヒブナを観賞用に飼育、交配を重ねていった結果生まれた鑑賞魚のことです。

皆さん、知っていましたか〜???


金魚の原産地は中国。
淡水性の魚類で草食性。
卵生で、水中の植物に卵を産卵する。
通常30cm程度まで成長する(記録は59cm、体重3kg)。
寿命は10年〜15年(記録は43年)。
生存可能な水温は0度〜41度。
学名のauratusはラテン語で「金色の」という意味。
はじめに学名をつけたスウェーデンの生物学者カール・フォン・リンネは、
キンギョをフナではなくコイの仲間とみなし、Cyprinus auratusと
命名している。

産地は全国各地にあるが、愛知県弥富市、奈良県大和郡山市、
江戸川下流域はキンギョの三大養殖地として知られており、
他にも山形県、熊本県玉名郡長洲町などが有名である。
また、各地に美しい魚体の保存・鑑賞を目的とした、愛好会・
保存会が多数存在する。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。